事故車の定義

日査協、中販連、公取協などの統一基準として事故車(修復歴車)と定義されているのは、以下の部位を交換したり、あるいは修復(修正・補修)したものが事故車(修復歴車)となります。クルマの基本骨格(フレーム)部位を交換あるいは修復した車両は、痕跡により価値の減価(価格落ち)が発生します。事故車は相場より割安なのが通例です。

※ 各部位の名称にポインタを当てると、該当する部位が図に表示されます。
交換・修正すると事故車
(修復歴車)になる部位
1. フレーム(サイドメンバー)類
2. クロスメンバー類
3. インサイドパネル類
4. ピラー類
5. ダッシュパネル類
6. ルーフパネル類
7. フロア(トランクフロア含む)
8. ラジエータコアサポート
9. バックパネル
交換・修正しても事故車
(修復歴車)とならない部位
1. フロントバンパー
2. ロアスカート
3. フロントフェンダー
4. ボンネット
5. リアフェンダー
6. トランクリッド
7. リアバンパー
8. サイドシルパネル
9. ドア